SF 小説

昭和のSF作家とその作品

ユーザ用ツール

サイト用ツール


眉村卓

眉村卓

本名:

村上卓児


年譜:

昭和9年(1934)

10月20日:大阪市西成区松原通に生まれる。

昭和16年(1941)

4月:大阪市立岸里国民学校に入学。

昭和20年(1945)

3月:大阪空襲で被災、堺市中田井出町に転居。堺市立錦綾国民学校へ転校。
12月:大阪市阿倍野区へ転居。大阪市立晴明丘国民学校へ転校。

昭和22年(1947)

4月:大阪市立阿倍野第四中学校(現在の松虫中学校)に入学。

昭和23年(1948)

学区改編により大阪市立阿倍野第三中学校(現在の阪南中学校)へ転校。

昭和25年(1950)

4月:大阪府立住吉高等学校に入学。俳句部と新聞部に入部。3年生では自治会役員を務めた。

昭和28年(1953)

4月:大阪大学法経学部に入学。
9月:柔道部に入部。

昭和30年(1955)

法経学部分離にともない、経済学部を志望。予算統制論専攻。

昭和32年(1957)

3月:大阪大学経済学部卒業。柔道部主将。
4月:大阪窯業耐火煉瓦株式会社入社。岡山県和気郡日生工場に赴任。鴻志寮という独身寮に入る。総務課庶務係。

昭和33年(1958)

2月:大阪本社に転勤。資材課勤務。

昭和34年(1959)

9月:高校の同級生であった森川悦子と結婚。

昭和35年(1960)

SFの同人誌「宇宙塵」に参加。筆名を眉村卓とする。

当時はSFという言葉が通用せず、一般には空想科学小説と呼ばれていた。「宇宙塵」での最初の掲載作品は「その夜」
  • その夜(『宇宙塵』)
昭和36年(1961)

「宇宙塵」に書いたショートショート「役立たず」等5編ともう1編が、「ヒッチコック・マガジン」に掲載される。
早川書房・東宝共催の第1回日本SFコンテストで「下級アイデアマン」が2席に入り、改稿の上、「SFマガジン」に掲載される。

  • 下級アイデアマン(『SFマガジン』)
昭和38年(1963)

1月:長女知子出生。
9月:大阪窯業耐火煉瓦株式会社を退社。
10月:株式会社大広 常勤嘱託コピーライターとなる。

昭和42年(1967)
  • 天才はつくられる(学研『中一コース』『中二コース』)
  • ぼくは呼ばない(学研『高二コース』)
昭和43年(1968)
昭和45年(1970)
  • あの真珠色の朝を…(『小説新潮』昭和45年5月号)
昭和46年(1971)
  • 真昼の断層(『小説新潮』昭和46年3月号)
  • 狂った夜明け(『小説新潮』昭和46年7月号)
  • 錯視症(『別冊小説宝石』昭和46年9月号)
  • マリオネット(『NDO』昭和46年11月号)
昭和47年(1972)
  • ブルー・ブラック(『NDO』昭和47年1月号)
  • 魔力(『月刊エコノミスト』昭和47年4月号)
  • 工場(『月刊エコノミスト』昭和47年6月号)
  • 厄介者(『月刊エコノミスト』昭和47年8月号)
  • 自動化都市(『月刊エコノミスト』昭和47年11月号)
昭和48年(1973)

10月10日:「C席の客」(角川文庫)初版発行

  • 教えてくれ(『問題小説』昭和48年9月号)
昭和49年(1974)

7月31日:「二十四時間の侵略者」(秋元文庫)第1版発行
9月1日:「あの真珠色の朝を…」(角川文庫)初版発行

  • 島から来た男(『野性時代』1974年10月号)
  • 名残の雪(『野性時代』1974年11月号)
昭和50年(1975)

4月20日」「なぞの転校生」(角川文庫)初版発行

  • “あした”のために(『野性時代』1975年6月号)
  • 思いあがりの夏(『野性時代』1975年11月号)
昭和51年(1976)

10月10日:「地球への遠い道」(角川文庫)初版発行
10月30日:「まぼろしのペンフレンド」(角川文庫)初版発行
12月20日:「異郷変化」(角川文庫)初版発行

  • 子供ばんざい(『野性時代』1976年4月号)
  • 彼をたずねて…(『小説現代』昭和51年5月号)
  • 遠慮のない町(『小説ロマン』昭和51年6月号)
  • 迷路の町(『小説ロマン』昭和51年9月号)
  • 待っていた奴(『小説現代』昭和51年11月号)
昭和52年(1977)

6月10日:「思いあがりの夏」(角川文庫)初版発行
10月30日:「幻影の構成」(角川文庫)初版発行

  • 出て下さい(『短歌』昭和52年2月号)
  • 白い小箱(『週刊小説』昭和52年5月20日号)
  • 執筆許可証(『小説推理』昭和52年8月号)
  • 走馬燈(『週刊小説』昭和52年9月2日号)
昭和53年(1978)

5月30日:「奇妙な妻」(角川文庫)初版発行
5月30日:「EXPO '87」(角川文庫)初版発行

昭和54年(1979)
  • 特別検討室員(『小説現代』昭和54年3月号)
  • 実直な上司(『小説現代』昭和54年7月号)
  • おだての階段(『小説現代』昭和54年12月号)
昭和55年(1980)

5月10日:「天才はつくられる」(角川文庫)初版発行
9月25日:「地獄の才能」(角川文庫)初版発行

  • その他大勢(『小説現代』昭和55年5月号)
  • 点滅(『野性時代』1980年6月号)
  • GGホテル(『小説現代』昭和55年11月号)
  • 逢魔が時(『野性時代』1980年11月号)
昭和56年(1981)

1月25日:「ねじれた町」(角川文庫)初版発行
3月15日:「滅びざるもの」(徳間文庫)初版発行
5月15日:「泣いたら死がくる」(角川文庫)初版発行

  • 傾いた地平線(『野性時代』1981年5月号〜8月号)
  • 鶏口太郎(『小説現代』昭和56年6月号)
  • 妙な仕草(『小説現代』昭和56年10月号)
  • 秋の陽炎(『野性時代』1981年11月号)
昭和57年(1982)

10月30日:「ポケットのABC」(角川文庫)

  • 枯れ葉(『野性時代』1982年2月号)
  • 明鏡会(『小説現代』昭和57年4月号)
  • 素顔の時間(『野性時代』1982年5月号)
  • 出色の新人(『小説現代』昭和57年7月号)
昭和58年(1983)

7月10日:「白い小箱」(角川文庫)初版発行
10月15日:「鳴りやすい鍵束」(徳間文庫)初版発行

  • 露呈の顔(『小説現代』昭和58年1月号)
  • 少し高い椅子(『野性時代』1983年5月号)
昭和59年(1984)
昭和60年(1985)

3月末:FM大阪「男のポケット」終了
9月25日:「二十四時間の侵略者」(角川文庫)初版発行

昭和62年(1987)
昭和63年(1988)

2月10日:「素顔の時間」(角川文庫)初版発行

平成4年(1992)
平成7年(1995)

1月15日:「魔性の町」(講談社文庫)初版発行

平成25年(2013)

5月19日:「駅にいた蛸」(双葉文庫)第1版発行

眉村卓.txt · 最終更新: 2016/07/25 23:24 by nino